蛇口の水漏れ修理

家で水の出るところであればほとんど付いているものが蛇口です。使用頻度も多い場所ですから、水漏れが起こってしまった時に蛇口周辺から水漏れをしているというケースは非常に多いです。水漏れを起こす原因がいくつかありますので、それを知ったうえで修理など適切な対処法をとっていくように心がけましょう。

■耐用年数がある

家で使用されている設備には、安全に使用できる年数の目安ともなる耐用年数と呼ばれるものが存在します。普段何気なく使っている人が多いので、耐用年数があるということを理解していない人も中には居るでしょう。家の設備の一つですから安全に使用できる年数が存在します。大体、蛇口の不調を感じるようになるのはその耐用年数を越えた時が多いです。その期間を過ぎてくると水道栓周りからの水漏れや、閉めてもぽたぽたと水が出てくるなどの不調を起こしてしまうことがあります。耐用年数は、大体5年から10年程度であることが一般的です。これくらいの期間で、水道栓の不調を起こしたり水漏れをする危険性が高まるということはしっかりと覚えておくようにしましょう。

■水漏れの原因

蛇口は、水が漏れやすい場所の一つです。水漏れをおこしてしまう原因はいくつかあります。まずは、使用頻度が多いことです。水道の水というのは、止水栓を閉めなければ常に水圧がかかっている状態です。蛇口というのは、水が出ていないときは水を押さえる役割を果たしています。水を出すために蛇口をひねれば、押さえている水を放出するため大きな負荷がかかります。蛇口を開けたり閉めたりするたびに、大きな負荷がかかっていることで故障しやすくなっています。ですから、水道栓の中でも使用頻度の高い場所の方が壊れやすく修理を必要としやすい環境にあるということをしっかりと覚えておくと良いでしょう。

■まとめ
蛇口には、耐用年数がある上に水漏れを起こしやすい原因というのが存在します。前述の内容をよく読んでいただければ、蛇口からの水漏れを起こし修理を必要としやすい理由がよく理解できたのではないでしょうか。ちょっとしたぽたぽた程度の水漏れであっても、それが長い期間続けばその分多くの水が無駄になります。水が出た分だけ水道料金が高くなっていってしまうので、放置は危険です。もしも、蛇口周辺で水が出ることがあったり、ぽたぽたと水が出るようなことがあった場合には、なるべく早く修理の業者を呼び、蛇口 交換など適切な修理をしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ